文房具

ステープラーってなにー?

一家にひとつあるであろう文房具、それがステープラーです。

ステープラーと言われて、ピンとこない方もいるかもしれません。

所謂ホッチキス(ホチキス)のことです。

ホッチキスという名前だとみんな馴染み深いと思いますが、実はホッチキスというのはアメリカにある会社の名前です(E.H.ホッチキス社)。

このアメリカの会社からの輸入が日本での始まりと言われています。

その正式名称がステープラーです。

ステープラーには使う針のサイズで、小型、中型、大型と種類も豊富ですが、一般家庭には小型のものが一つはあるのではないでしょうか。

ステープラーは学校や会社で使うというイメージがある方もいるかもしれませんが、家庭でも子供のプリントをまとめたり、あるいは、お友達に何かプレゼントする時に、メッセージカードをとめたりと、様々な場面で自然に日常生活で使っていると思います。

最近では、子供も安全に使える針なしのタイプもあります。紙の一部を切り出して圧着しまとめます。

替え針を買う手間もコストもかかりません。

またシュレッダーにかける時も針を外す手間がないので、時間の短縮と、廃棄物の針が出ないため環境にもやさしい商品です。

また、針のサイズが大きく、一気に大量の書類をとめれるものもあります。

小さな文房具やさんでは、あまりおいておりませんが、ネットや大型ショップでは見つけることができますので、紙の材質や、枚数に応じて色々と使い分けができます。

針のないステープラーは安全で経済的な文房具です

今まで書類をとじるものといえば、針のついたステープラー(ホッチキス)でした。しかし、針にひっかかって怪我をしたり、書類をシュレッダーにかける... 詳細を読む